ブーランジェの輪 食パン工房 あんじゅ & 絆

取材レポート

今回は兵庫県西宮市甲子園にある「食パン工房 あんじゅ & 絆」さんを訪れ、代表取締役兼プロデューサーの上田康久さんにお話を伺いました。25年間、勤務された通信販売の会社を早期退職後、地元・尼崎市立花で仲間が集えるお店を営みたいとお好み焼き屋「絆」をオープン。そんな折、偶々、酒席でご友人と「大きいブロック肉は筋を取ったら小さくなるし、お好み焼きに使うキャベツも芯を取って切るとかさが減るけど、パンは小さく丸めた生地が倍以上に膨らむ。こんな夢のような話しはない。」と言う話題で白熱。当時はまだ笑い話でしたが、後に食パン専門店のブームを受けて、事業化に向け本格的に動き出されたそうです。
「パン作りは素人で不安もありました。しかし、これもまた酒席で、パン作りはもとより店のプロデュースもされているプロフェッショナルな先生と偶然出会い、夢が現実化しました。」と上田代表。2010年に塚口で創業。翌年には甲子園にお店を開き、着実にファンを増やされています。

材料費は多少高くなってもいいと言う条件で、素材はできるだけいいものを揃え、他店が簡単にマネできないような食パンのレシピを作ってくださいと、先生に依頼された上田代表。味、食感ともに納得のいく仕上がりに、これならいけると確信されたそうです。また、前職で培ったインターネット販売の知識や経験も強みとなり、まず1度食べてもらうことが大切とインターネット広告に力を注ぎリピーターを獲得。1日18時間、パンを作り続けても捌ききれないほど注文が殺到したそうです。一番苦労されたのはやはり慣れないパン作りで、すべての食パンに用いられるベース生地がとても柔らかいため、計量などの扱いに悪戦苦闘。それでも先生からの教えである”分量だけは1g単位まで正確に計り、もし100個できるはずのものが102個できたら、どこかに必ず間違いがあるので、すべて破棄すること”を頑なに守り、各店舗を任せるスタッフの方々にも伝えながら日々、変わらぬ味と食感を生み出されています。

仕上がりや味を重視して選ばれた小麦粉をベースに、さとうきびのミネラルとコクのある風味が生きる奄美諸島の吉備砂糖と、ミルクの味わいと香りが豊かな北海道十勝産よつ葉バターを使用。塩もこだわり、沖縄と赤穂産をブレンドし、生クリームは北海道産をメインに、入手が困難な場合のみ、宮崎県高千穂のものを使われるそうです。また、添加物はもちろん、卵も一切使用されていないので、卵アレルギーが心配な方も安心してお召し上がり頂けます。
お手元に商品が届きましたら、まずは手でちぎって焼かずにそのまま、ふんわりもちもちとした食感をお楽しみください。焼成時間に工夫を凝らし、柔らかさを追求した耳部分の魅力が最も際立つ食べ方です。翌日以降はお好みの厚さにスライスし、トーストしてお召し上がり頂くと、表面はサクッと軽く、中はもっちりとした違う食感が味わえます。何もつけなくても口いっぱいに広がるバターと生クリームの重層的な味の広がりを是非ご堪能ください。

お客様のご要望に応えて誕生した味のバリエーション2種。どちらも「食パン(プレーン)」と同じ生地で作られています。「レーズン食パン」は、カリフォルニア産のふくよかなレーズンをお店で香り高いラム酒に漬け込み、食パンの具材に使用。「あんこ食パン」の具材には、1945年創業の老舗「谷矢製餡」さんが、小豆本来の自然な風味と粒の食感にこだわって、ふっくらと炊き上げた北海道産の粒あんを使用されています。
もっとも気を配られたのは多すぎず少なすぎない具材のバランスと、ご友人と2種類の味を半分ずつシェアされるお客様を見て、真ん中で切り分けやすいように、あえて生地をふたつに分けてからケースに詰め、真ん中と両サイドに具材のない部分を作られている点だそうです。大きさは1.5斤で、焼き上がったその日に発送。こちらの2種もプレーンと同様に、まずは手でちぎってそのまま、翌日以降はトーストし、それぞれ違った味わいと食感をお楽しみください。

「食パン工房 あんじゅ & 絆」さんから
アクトスマートのお客様へのメッセージ

私の孫が卵アレルギーだったこともあり、毎日食べる食パンは卵を使わず、バターや塩など素材の良さがシンプルな生地の味わいを深め、耳まで残さずにお召し上がり頂ける商品を目指して日々、奮闘しています。まずはプレーンからお試しくださいませ。そして、レーズン、あんこと味を変えて、いろいろお楽しみ頂ければと思います。

   開店当初、上田代表が仕掛けたインターネット広告の効果で、

   1日食パンを250本焼き上げるのが精一杯の所に2400本もの

   注文が舞い込み大変だったそうです。これではご来店される

   お客さまに迷惑がかかるとインーネット販売は数量を制限。

   パンの生地とともに夢もお客さまも膨らみ続ける注目のお店です。

 

 

文・構成/稲垣扶美  撮影/渡邉務

特定商取引法に基づく表示

個人情報の取扱について

パティシエの輪

ブーランジェの輪

和の輪

facebook

  • ACT'sMartのこだわり
  • のしのダウンロード

営業日カレンダー

2017年3月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017年4月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ご注文はインターネットで24時間受付しています。土日祝はお休みのため、問合せ対応等は翌営業日となります。